足のマメ、不調はランニングシューズが原因かも?チェックしたい5つのポイント!

sports-shoes-115149_1280

「じっくりフィッティングしたからこのシューズで大丈夫!」

「長い距離走ると血豆が出来るんだけど…この靴でほんとにあってるのかな?」

こんな悩みありますよね。私も同じような事をずっと感じていました。

しかし、実は今履いているランニングシューズを見直してみると、足のトラブルからかなり解放されるようです。

一度フィッティングしたから大丈夫!と言って同じ靴を買い続けるのはあまりお勧めではありません。

走り方や足の形など少しずつ変わっています。

靴を買い換える時には、

「本当にこの靴は自分に合っているのか?今のままの靴でいいのか?」

と、疑ってみるようにしてください。

チェック項目を以下5つ載せてみます。

そのランニングシューズでOK?5つのチェックポイント

足に不調を感じた場合、疑うのはランニングシューズ!

ランニングシューズは消耗品です。一般には200~300キロ走ったら買い換える方が良いと言われています。

定期的に足をよく見てあげてくださいね。

タコやマメがよくできる

ランニングは、長距離ですと何万回も同じ場所に当たるので、些細なぶつかり具合でもタコやマメができたりします。

もしかしたら、シューズが小さいだけでなく、大きすぎて擦れて起こっているのかもしれません。

毎回足がやけどしている状態…?!恐ろしい!

足裏にできる場合、圧力が一点にかかっているため出来しまいます。

インソールで改善できる場合もあります。

親指が圧迫されてる感じがする

シューズのサイズが合っていないために、親指が詰まる感じがする時があります。

この圧迫されてる感じサイズのシューズは小さいから起きるとも限りません。

サイズが大きすぎて足が前にずれて着地の度に圧迫されている場合も考えられます。

他の原因としては、

  • 靴下が滑りやすい
  • 靴の履き方が間違っている
  • 靴紐の結び方がゆるすぎて足が滑っている

なども考えられます。

まずは、正しい靴の履き方も見なおしてみる必要がありそうです。

爪が黒くなってしまう

足の爪が痛くなったりに血豆ができて黒くなってしまう場合、靴のサイズが合ってない可能性がとても大きいです。

靴のサイズが小さすぎる場合もありますし、大きすぎて靴の中で擦れて何万回も当たっている場合、足先を痛めてしまってる場合もあります。

走っただけで足の爪がこんなにダメージを受けてしまうなんて…!

私もハーフ以上の距離を走ると爪が黒くなってしまい、仕方ないと諦めていました。しかし…靴の問題かもしれないと知り、ビックリしているところです。

シュータンが横にずれる

足の甲の高さも人それぞれです。

シューズは、足長だけでなく甲の高さも修正に合っているか確認してください。

シュータンと言って、靴紐部分を保護するベロがありますね。

これが横にずれるのは、この部分がきつかったりフィットしていないために起こります。

また靴を履くときにスリップオンで履いてしまっていると、シュータンがちゃんとしたポジションにはまらない場合があります。

靴の履き方も見直してみてくださいね。

土踏まずに痛みがある

オーバープロネーションと言って、片足で立った時に膝が内側に入る人や、偏平足の人はご注意を!

つま先を開いて走っていると、足底筋がが引っ張られて土踏まずが痛くなることがあります。

足底筋膜炎になってしまうと、朝起きた時の一歩が猛烈に痛いという症状が出ます!

とても、走るどころでは無くなってしまいます。

着地の癖を抑制してくれるシューズやインソールを選ぶことをお勧めします。

私の場合

私は、自分が足の幅が広いと勝手に思っていたので、アシックスのニューヨークシリーズのワイド幅のものを何足か購入して使っていました。

それで特に問題ないと思っていました。

しかし、先日久しぶりにフィッティングをしてみたところ、ワイドタイプでない普通幅タイプでも足幅によくフィットすることに気が付きました。

つい、はじめに選んでもらった靴で大丈夫と思ってしまいがちです。

私の場合はレース時に同じ場所に水ぶくれができてしまうので、長距離を走るときはテーピングを貼るようにしていました。

靴を変えてみて、問題なさそうであればテーピングを外してみようかと考えています。

また、ハーフマラソン以上の距離を走ると右足の中指と薬指に血豆ができて黒くなってしまいました。

この問題も、フィッティングに長けた店員さんに相談してみようかしら。

走り続けるうちに少しでも違和感があれば、何かしら違う靴を選んでみたりするのも走りが上達するポイントの一つと言えます。

まとめ

足に痛みを感じた時はシューズを見直すポイントの一つになります。

フィッティングをしっかり行ってシューズを選んだはずなのに…!

でも、実際に走り始めたらダメだった、ということはよくあることみたいです。

以上のチェックポイントを確認して、

「このランニングシューズ、自分の足に合わないかも?」

と感じている可能性があれば、もう一度シューズを選び直してみてもいいかもしれません。

もちろんシューズだけの問題でなく、肩や体のゆがみなどが原因で現れる症状もあります。

ランニングシューズ選び専門のスタッフの方に相談してみることをおすすめします。

道具で解消できる不調は早めに取り除き、快適に走りたいものです。

では、楽しいランニングライフを!