捻挫は治ってるはずなのに正座できない!そのワケは?劇的改善の筋膜治療…激痛!

「捻挫が治らず、正座すると痛みがある」

「整体に通ってストレッチしてるけど、全然治る気配がない」

これはまさに私の話です。

2月に階段を踏み外して左足首を捻挫して以来、整形外科に通いさらに整体で施術を3回ほどしてもらったものの、まだまだ痛みが取れずに3ヶ月ほど経ってしまいました。

>>足が痛い!歩けない、動かない!ランナーの捻挫治療はどうしたらいいの?整形外科編

>>放っといたらダメ!捻挫で伸びた靭帯を自宅リハビリで戻そう!捻挫治療・整体院編

整体で言われた通り、ストレッチを毎日続けてはいましたが…

「まだまだ捻挫が治っていないのかも…?」

と思うほど痛くて正座をすることもなかなかままなりません。

なんとか正座をしたとしても立ち上がるのがつらいですし、靴を履くときにやはり左足の外くるぶしに痛みを感じてしまいます。

このような症状に対して、整体で言われたストレッチだけで治るのか不安になり最近でも色々とネット検索で調べてみてはいました。

なんとか現在の不調を治したいと思い、セカンドオピニオンのつもりで筋膜治療を受けてみました。

その様子をご紹介します。

スポンサーリンク

ネットで探したらヒット!筋膜治療

インターネットで、

「捻挫 正座できない」

といったキーワードを用い、他に良い治療法がないか探していました。

すると私と全く同じ症状で何年か前に捻挫した時の痛みが全く取れず正座をするのが辛い2回ほどの手術をして正座できないほどの痛みが取れたという整体院ブログを発見しました。

>>捻挫後の痛みが治らず正座できなかった方が筋膜調整で改善

場所的にも表参道と、住まいから通えない範囲ではありません。

2週間ほどそのブログをうろうろして、どんな治療法なのか見ていました。

最終的にはゴールデンウィーク中に予約しお邪魔することにしました。

実際に施術してもらいました!

ゴールデンウィーク中の表参道です。

このビルの6階に筋膜治療の整体院があります。

こちらです!

筋膜治療をしてくださる木城先生です。

上下動きやすいTシャツやジャージを持っていき、着替えます。

何度かブログにはお邪魔していたものの、巷で流行っている筋膜リリースと何が違うのかよくわかっていませんでした。

施術の前に、

  • 今までどのような怪我をしてきたか
  • 今の痛みは10段階で言うとどのくらいか
  • どのような時に痛みが生じるか

と言ったことを詳細に聞き取ってくださいました。

症状をシートに記入したら、これから始まる筋膜治療についての説明があります。

筋膜というのは筋肉を包んでいる膜のことで、全身を覆うボディスーツのようなものと想像すると分かりやすいと思います。

筋膜は神経などが集中しており、人間が痛いと思った時にはその怪我の部位でなく筋膜が痛みを感じていることも多いのだそうです。

捻挫や外傷の後は、固定していたことで全身の筋膜に影響が出ています。

怪我した部位だけでなく、全身を覆うボディスーツのどこかがひきつれたようになっており、そのひきつれた部分が原因で痛みが出ている可能性が高いとのことでした。

「筋膜の治療は筋膜の部分が痛みを感じやすい部位なのでとても痛いですが大丈夫ですか?」

とはじめに聞かれました。

私がホームページを見落としていたのか筋膜治療が痛いということはあまりよくわかっていませんでした。

どうやら施術を受けている間のリラクゼーションや心地よさとは全く無縁のようです。

しかしここまできて受けないと言うのもなんなので回復の見込みがあると希望を持って施術を受けることにしました。

寝っ転がって、筋膜がひきつれて硬くなっている部分を確認します。

筋膜は何枚かの板がコラーゲンやヒアルロン酸で挟まって潤滑油のような役割をしており、ヒアルロン酸の分子が大きいと硬くなって筋膜の滑りが悪くなってしまいます。

そういった部位を40°ぐらいの熱を加えることで分子を小さくし、筋膜同士の滑りを良くするという理論です。

筋膜に炎症を起こさせ、熱を持たせるということです。

そのために筋膜を5分から10分以上、ひじや関節を用いて柔らかくしていきます。

結果、90分の施術中、痛くない瞬間がないほどでした。

歯医者でずっと歯の痛い部分の治療をしているような状態でしょうか。

「出産よりは痛くないと女性の皆さんはおっしゃいます」

と言っているぐらいなかなかの痛さです。

筋膜をほぐしているとだんだん痛くなくなるのですが、また新しい筋膜をほぐしていくので痛くない時間がほぼありません。

最終的には左足の下半身を4箇所施術しながらその都度正座をしてみて、治療の方向性が正しいかを見ていきます。

不思議なことに、4箇所の施術が終わる頃には正座をしても全く痛くありませんでした。

施術後は、筋膜治療の理論を印刷したプリントを見せていただき、今後の治療部位の予後をお話してくださいました。

もしこれで痛みが取れるようなら、もう筋膜治療に来る必要がないのだそうです。

どうしても調子が悪い、他の部位も見てほしい、となればまた来てくださいとのことです。

この治療によって他の筋膜のひきつれも取れ、鼻水が止まったり治ったり他の不調がなくなるといった報告もあるとのことでした。

この治療法は、理学療法士である先生がいくつかの治療法を試した後に、

「筋膜治療が一番効果がある」

と確信している治療法なのだそうです。

スポーツ整体院に勤めていても、リハビリの人がなかなか治らなかったりしているのを見ていて、

「どうにか痛みが取れる方法がないか」

と探していてこの方法にたどり着いたそうです。

ちなみに私の捻挫も、もうすでに靭帯は治ってはいるが筋膜がその痛みを覚えていて今でも痛みが出ているという見立てでした。

痛い筋膜治療のあとのご褒美です!

これで良くなると良いんだけど…。

筋膜治療のを受けたその後

筋膜治療を受けた後は、翌日から治療した部位の腫れがひどく出てしまいました。

特に20分ほど施術をした左足のふくらはぎが真っ赤になってしまい、この痛みで正座をすることができないくらいです。

ぱっと見、何か大きなものにぶつかってしまったのかというほどです。

右足と比較すると、全体的に腫れてむくんでいるのがわかります。

痣にはならないということでしたが、かなり長い時間治療をしていたので4日後からは少し青あざができてしまっていました。

この時点でもまだ施術した部分が痛くて治療の効果を感じるようにはなっていません。

まとめ

現在治療して2週間が経ちました。

今のところ治療する前よりも痛みがかなり減り、靴を履くときに痛みを感じることがなくなりました。

以前と同じように過ごすためにはもう少し時間が必要だと思われます。

また一か月ほど経ちましたらこの記事に追記をして行こうと思っています。

こんな治療法があるということを知らなかったら、今でもストレッチやスクワットをしながら体を鍛えていたのかと思うと…情報を知らないというのは恐ろしいなと感じました。

今回の金額治療は保険がきかず16000円かかりました。

普段の不快度が治るならと思ってかなり大枚を叩きました!

結果、実際に行ってみて施術を受けてよかったと感じています。

この先生のホームページの施術の様子など本当に見やすいので、同じような症状を持って悩んでいらっしゃる方は是非ご覧になったらいいと思います。

>>捻挫後の痛みが治らず正座できなかった方が筋膜調整で改善

では、楽しいランニングライフを!