忙しい朝でも手軽に10秒チャージ!ゼリータイプのビックホエープロテイン、レビュー!

「粉末のプロテインを溶かして飲むのがめんどくさい」

「ゼリータイプのプロテインがあると飲むのが楽かも?」

そんなご要望を満たす、レトルトパウチされたゼリータイプのプロテインが発売されています。

プロテインでお馴染みの、バルクスポーツから3種類の味から選べます。

アマゾンでも購入することができます。

実際に、はちみつ&りんごヨーグルト味のゼリーを飲んでみました!

レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ゼリータイププロテインのメリット

ゼリータイプのプロテインのメリットはもちろん手間が省けること。

粉末のプロテインを飲むためには、水や牛乳、そしてシェーカーが必要になります。

職場で、お昼をプロテインに置き換えて飲んでいる同僚がいます。

手軽なスティックタイプになっていたとしても、

  1. プロテインを粉と水を合わせる
  2. シェーカーで振る。
  3. 底でダマになっていないかチェック!
  4. 飲み終えた後、また洗って乾かす

これらを、職場で行うのはかなり抵抗があるのではないでしょうか。

また、周囲から、

「この人、またプロテイン飲んでる」

「プロテイン飲んで、実際に効果はあった?」

と、からかわれたりすることもあるでしょう。

そう考えると、10秒チャージできるゼリータイプのプロテインは、周囲にプロテインを飲んでいることを気づかれることなく飲み終えることができますね。

また、1キロなど大容量が入っているプロテインは、いちど開けてしまうと

「すぐに消費しないと!」

と、賞味期限が気になってしまいます。

ゼリータイプであれば、密閉されているので一気に保存状態が悪くなる心配がありませんね。

ビックホエイのたんぱく質含有量は?

このゼリータイプのビックホエイは、1パック300グラムです。

その中に含まれるタンパク質はなんと20グラム。

比較としてウィダーインゼリープロテインのタンパク質含有量を調べてみたところ、1パックにつき5グラムでした。

気になるエネルギーは、118キロカロリー。

タンパク質20グラム、脂質2グラム、炭水化物5グラムと炭水化物の含有量が非常に少ないですね。

糖質が少なめでタンパク質が多めの食事を希望している人にとっては、最適な栄養補給飲料と言えるでしょう。

実際に飲んでみました

実際にはちみつ&りんごヨーグルト味を飲んでみました。

裏の原材料名も意外とシンプル!

中身を確認するために白いお皿にゼリーを出してみました。

少し黄色がかった乳白色をしています。

柔らかさは、ウィダーインゼリーと同じ位で、ゼリーと言うよりは飲むヨーグルトに近い感じでしょうか。

アマゾンのレビューを見ると、フルーチェのように感じられると言う方もいらっしゃいます。

炭水化物が少ないだけあって、ものすごく甘みを感じるわけではありません。

甘さはそれほどなく、ハチミツとりんごの味がすっきり感じられるといったところでしょうか。

甘い味が好きな人や、牛乳で割って飲みたい!と言う人には少し物足りない味かもしれません。

また、粉末でプロテインを飲んでいた時とは違った粉っぽさを感じます。

試食した時にはあまりお腹が空いておらず、一度冷蔵庫に入れて二回に分けて飲んでしまいました。

アラフォーの私にとって、なかなかのボリュームでした。

まとめ

ゼリータイプのこちらのプロテイン、30パックで送料込み6,000円です。

1回分につき200円。

このシリーズの粉末プロテインは1キログラム、40回分あたり3,500円のため、なかなか割高に感じてしまいますね。

しかし、シェイカーを使わなくてもいつでもどこでもプロテインが補給できるというのは大変魅力的に感じます。

朝忙しい時だけでなく、職場や旅行中、出張中でもたんぱく質20グラムを補給できるのです。

このプロテインには、全部で

  • はちみつ&りんごヨーグルト味
  • ストロベリーヨーグルト味
  • ブルーベリーヨーグルト味

の計3種類の味が用意されています。

アマゾンでは、1種類につき30パックで6,000円。

できればそれぞれ10パックずつのセットがあるといいのになぁと思いました。

では、楽しいランニングライフを!

ランニング初心者のあなたへ

ランニングが待ち遠しくなる!

今よりもっと楽しめる、おすすめのアイテムを集めました。

スポンサーリンク

シェアする