スマホが揺れない!アディダス・ベルト式スマートフォンケース口コミレビュー!

「走るとき、揺れないスマホ入れがほしい」

「ベルト式のスマートフォンケースはどう?」

amazonに、アディダス公式ショップがあるのをご存知ですか?

似たような激安商品が多い中、アディダスなら商品のクオリティに信頼がおけますね。

今回は、公式ショップの方のご厚意で

「アディダスのベルト式スマートフォンケース」

を頂きました。ありがとうございました。

着用した感じなど、レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

スマートフォンケースの外観は?

こちらが、届いたスマホ用スポーツベルトのケースです。

持ってみて、ケースを含めても大変軽く感じます。

使い方がケースの裏に表示されています。

大きさとしては、腰回り(くびれている部分ではなく腰骨付近)が

S/M 76~105cm

L/XL 81~110cm

私は75cm前後なのでちょっとギリギリかも…!

実際にベルトの重さを買ったところ、63グラムでした。

金属製のジッパーなどがついていないのでとても軽いです。

ベルトの表面は、スマートフォンの画面が見えるように透明になっています。

スマートフォンをベルトを着用したままタッチパネルで操作できますね。

ベルトの裏側は、スマートフォンにイヤホンを挿せるように穴が両側に3ヶ所空いています。

また、suicaなどのカードが入れられるようになっています。

また、スマートフォンケースの両サイドに鍵や小銭を入れられるポケットも付いています。

これならポケットがないウェアやポケットに入れて揺さぶられることもなく、小物を入れて走ることができますね。

スマートフォンを入れた状態はこんな感じです。

このベルトをいただいた時点では、私のiPhoneは4インチの5sだったのでぴったりフィットせず多少余っております…。

しかし、年末にiPhone 7に変えたところぴったりはまりました。

薄型のケースであれば、ケースを付けたままiPhone7を入れても余裕がありましたよ。

ベルトのデニム部分は反射材になっており、暗い夜道で走っても安心な設計になっています。

ベルトを通す穴は2つに分かれていて、腰回りに合わせてベルトの通し穴を変えることで調節が可能です。

実際につけてみました!

実際にスポーツベルトをつけた状態です。

私は腰回りが75cm前後のため、S/Mの通し穴から通して着用してみました。

画面部分が透明のためスマートフォンを操作できるのは良いのですが…体を少し曲げないとiPhoneの画面を見るのが少し難しかったです。

ベルトはベルクロで止めるタイプなので、フィット感は抜群です。

ただし、着用する素材がツルツルしているとベルトがずれてしまうことも…。

ジャージ素材は少し上にずれてしまいました。

ランニングタイツにパンツですと、ズレずにぴったりフィットして着けていて気になることはなかったです。

広報の方に伺ったところ、

「腰ではなくウエストに巻く方がズレないかもしれません」

ということでした。

私の場合、ウエストだとベルクロに止められなくなってしまうので腰回りに止めて使うことにしました。

アディダス好きならこんなシリーズも

ベルト以外にも、アディダスにはこんなシリーズもありますよ。
腕に止めるタイプはこちら。
 
走りながら操作するのであれば、腕に着けるタイプのほうが使いやすいかもしれませんね。

まとめ

アディダスのスマートフォン用ベルトは、こんな人に向いています。

  • 腰回りが76cm〜110cmの人
  • とにかく軽くて装着感を感じずに走りたい人
  • スイカや鍵をスマートに持ち歩きたい人

試してみてくださいね♪

では、楽しいランニングライフを!