いだてん「羽田の悲劇」とは?オリンピック予選会のどんな事件だったのか解説

いだてん第4話で、肋木大好き永井が何度も連呼していた「羽田の悲劇」。

「羽田の悲劇」とは何のことだったのでしょうか?

気になりますよね!

ストックホルムオリンピック予選会での、どんな事件だったのか解説します。

「羽田の悲劇」は実際にあったことなの?

実際には、「羽田の悲劇」と後に言われるような出来事ではありません。

羽田から横浜への往復10里25マイル、40キロは当時は前人未到の距離でした。

もしも、この予選会で「死人が出る」ことがあったら「羽田の悲劇」と呼ばれていたでしょう。

オリンピック予選会で全員は完走できませんでした。

19人中13人がリタイアしましたが、死人が出ることはありませんでした。

ちなみに、金栗四三が参加したストックホルムオリンピックではマラソンの部で死者が出ています。

>>いだてん第13話あらすじとネタバレ!レースで死闘を繰り広げたはずのラザロが大会中に亡くなっていたことが分かった

次回のオリンピックでマラソンを開催するかどうか、議論が行われたそうです。

いだてん第5話「羽田の悲劇」に関するツイートまとめ

いだてんのあらすじはこちらです↓

>>いだてん第五話あらすじネタバレ結末感想!金栗がオリンピック予選会で出した驚くべき記録は?!

>>いだてん第四話あらすじネタバレ結末感想!金栗四三が初マラソンに参加?播磨屋足袋で速く走れるか?

では、楽しいランニングライフを!