いだてんの金栗四三と春野スヤは結婚できる?スヤに持ち込まれた縁談と仰天の結婚生活とは?

city.tamagawaより

「大河ドラマいだてんの金栗四三と春野スヤは結婚できるの?」

「スヤに持ち込まれた縁談と仰天の結婚生活とは?」

中村勘九郎さん演じる金栗四三と綾瀬はるかさん演じる春野スヤの結婚、幼なじみからだとしたら本当にドラマチックで出来過ぎ!

このいだてんは近現代の話なので、ドラマというよりはドキュメンタリーに近い部分があると思います。

予告を見ると、あたかも金栗四三と春野スヤが当たり前のように結婚し、結ばれたような印象を受けますね。

ドラマでは、金栗四三とスヤが結婚して安定した暮らしをするまでには数々の試練を乗り越えなければなりませんでした。

金栗四三がオリンピック出場をかけてマラソンを続けるために、結婚後の生活もスヤに我慢を強いることになってしまったのです。

今回の記事では、そんな金栗四三と春野スヤの恋の行方についてお話したいと思います。

大河ドラマ「いだてん」の金栗四三と春野スヤは結婚できるの?

ドラマでは幼なじみとして金栗四三とと春野スヤが出会ったばっかりで、恋の予感も全くしませんね。

結論として、金栗とスヤは結婚をします。

実話としては…

金栗四三の伯母の夫の妹である、幾江という女性が池部家に嫁いでいました。

ところが主人に先立たれて子どもがいないので、金栗四三に池部家を継いでもらえないかという話が浮上してきました。

その話があったのが金栗四三がストックホルムオリンピックに初出場した2年後の、1914年に入って間もない頃です。

この幾江さんを大竹しのぶさんが演じています。

金栗四三は池部家の養子となり、さらに結婚話を持ちかけられました。

東京高師の卒業式を終えた4月8日に、金栗は故郷に戻りました。

翌9日に相手の女性に初めて会うことになります。

見合い相手は医者の1人娘であるの、スヤという名前で気立ての良いおっとりとした顔の美人でした。

次の日の10日に2人は結婚式をあげています。

金栗は22歳、スヤは21歳でした。

養子になったことで、金栗の名前は戸籍上は池部に変わっていました。

しかしその後も金栗で通していたため、親しい間柄でなければ金栗四三が結婚していることを知りませんでした。

実話では、金栗四三と春野スヤは幼なじみではなかったのです。

スヤに持ち込まれた縁談と、結婚までの道のりは?

ドラマでは、春野スヤに池部家の一人娘であると1度結婚をします。

いだてん第8話で池部家に嫁入するスヤの姿に涙した人も多かったのではないでしょうか?

と同時に、東京で自転車節を歌う金栗四三の切ないこと……。

なんと、金栗四三と春野スヤは再婚という設定です。

その事を金栗四三はストックホルムオリンピックの前後に知ります。

その後、池部家の一人息子が病弱のため未亡人となったため、幾江がスヤのために金栗四三を養子にしたいという申し出をするというストーリーになっています。

史実では、幾江が設定したお見合いの席で金栗四三と春野スヤとが初めて出会っています。

その辺りは演出上、脚色されているのですね。

金栗四三と春野スヤの仰天の結婚生活とは?

見合いの席で金栗は、

「今、私はベルリンオリンピックを目指している。そのため、東京の練習に専念したいので、結婚してもしばらくは離れ離れの生活になります。それでもいいでしょうか」

と聞かれ、スヤは静かに頷いたということです。

結婚しても、東京でマラソン最優先の生活をする金栗四三。

養子になったことで、故郷の熊本に帰り池部家を継くためのプレッシャーがかなり高まったのではないかと推察します。

それなのに、なんと5年間もスヤと離れ離れの暮らしをしてしまいます。

途中、東京まで逢いに来たスヤをろくに相手もせず追い返してしまったりする場面もあります。

しかし、アントワープオリンピックが一段落着いた時点で女性のスポーツ選手育成のため、東京女子師範学校に体育教師として勤め始めます。

スヤとも一緒に暮らすようになったのがこの頃です。

その後、金栗四三と春野スヤには6人の子宝に恵まれたそうです。

まとめ

事実として、金栗四三が22歳という若さで結婚していたとは驚きですね!

しかも、大学を卒業しないうちに結婚式を挙げてしまうとは…!

今で言う学生結婚です。

昔は、20代前半で結婚することも珍しくはなかったのでしょう。

金栗四三と春野スヤとの幼なじみとしての出会いや、春野スヤの再婚話など、さすがドラマティックになるように演出されていました。

大河ドラマの中で、オリンピック一色になりそうなところを、それぞれの登場人物の感情の揺れ動きが盛り上げてくれるはずです!

今からドキドキ、ハラハラしてしまいますね!

今後のいだてんの展開をお楽しみに♪