いだてん第二話あらすじネタバレ結末感想!金栗四三の走り方は幼少期に作られた?呼吸はラマーズ法?

スポニチ画像より

「金栗四三の走り方は幼少期に作られた?」

「あの呼吸法はランニングでは正しいの?」

いだてんの第2話は、主に、金栗の熊本での幼少期を紹介しています。

可愛い坊主頭の金栗四三、体は丈夫だったの?どのようにしてあの呼吸法を思いついたの?

なぜ、あれだけ速い記録が出せたの?など、ナゾがいっぱいですよね。

今回の記事では、いだてん第二話のネタバレあらすじとして、主に金栗四三の生い立ちと走り方、呼吸法についてご紹介したいと思います。

いだてんネタバレあらすじ・第一話はこちら↓

>>いだてん第一話あらすじネタバレ感想結末!初のオリンピック参加から東京開催まで!

いだてん第二話、原作ネタバレあらすじ!四三の意外な名前の由来とは?

金栗は1891年8月20日に熊本県玉名郡春富村に生まれました。

金栗家の家長、信彦は病弱で六代続いていた酒蔵を潰してしまいました。

子宝には恵まれて、妻のシエとの間に四男三女をもうけ、下から二番目の子が金栗四三です。

信彦が四十三歳の時に生まれたころから四三と名付けられました。

昔の人で、名前に数字が入っている場合はお父さんの年齢から来ていることも多いのでしょうか?

残念ながら、小さい頃から父に似て病弱でした。

そんな四三が生まれた年、嘉納治五郎は熊本の第五高等中学校の校長に就任しました。

金栗四三と加納治五郎の縁は、こんなところにもあったのですね。

柔道の父と言われた嘉納治五郎を抱っこしてもらい丈夫に育つよう祈願してもらうため、1896年に金栗四三は父と一緒に十里の道のりを旅することになりました。

十里とは、現在のキロメートル法では40kmにあたり、信彦はすっかり疲れてしまいました。

治五郎が稽古を行う道場は外まで見物人があふれ、気の弱い信彦は前に出ることさえできませんでした。

そばにいた青年に抱きかかえてもらい、なんとか治五郎の後頭部だけが見ることができましたが、抱っこしてもらうことはできませんでした。

しかし、信彦は抱っこをしてもらったと嘘を言い、もう大丈夫だと家族を安心させました。

1905年、信彦が体調を崩し、かかりつけの春野医師を呼びに行きます。

懸命に走る金栗四三は足に怪我を負い、娘のスヤに手当てをするように命じて春野医師は金栗家に向かいました。

この日、信彦は四三が戻らないうちにこの世を去りました。

同じ年に、四三は玉名中学校に進学しました。

寄宿舎生活を始めましたが、週に1度は五里(20km)の道のりを走って実家に帰ります。

四三は海軍兵学校を受験したいと言い出しました。

海軍兵学校なら授業料は不要、卒業後は将校になれます。

父代わりの兄実次も、四三の決意を認めてくれました。

四三は試験に向けて勉強漬けの日々を過ごします。

毎日勉強していたため学力に自信はありますが、身体検査に通らなくてはなりません。

風邪をひかない予防法として裸で頭から水をかぶる冷水浴を行うことにしました。

その後の海軍兵学校の身体検査は厳正なものでした。

結局、四三は残念ながら海軍兵学校に落ちてしまいました。

海軍兵学校の道を絶たれた四三は、中学のクラスメイトである美川から東京講師を受験すると聞かされました。

東京高師の校長先生は嘉納治五郎です。

四三と嘉納治五郎との縁は、熊本市の稽古場で見かけただけでは終わらなかったのです。

いだてん第二話原作結末!金栗四三の走り方と呼吸は幼少期に作られた?

熊本市まで嘉納治五郎を見に行った翌年、四三は尋常小学校に入学しました。

相変わらず病弱で気も小さかったそうです。

そんなとき、兄の嫁キヨメの出産をきっかけに、四三は大発見をします。

お産の時、キヨメに母のシエは規則的に呼吸をするように教えていました。

お産に呼吸法があるならと、金栗も学校までの山道を駆け上がりながら色々な呼吸法を試してみました。

その結果、

「スースーハーハー」

と2回ずつ吸って吐けば苦しくないことが分かりました。

おかげで、金栗は、玉名北高等小学校に進学してからも往復三里(12km)の道のりをいだてんの如き速さで通学することができるようになったのです。

その金栗の通学路がどのような山道で、着物と草鞋で往復12キロの道のりを走ることがどれだけ大変だったかは、ランニング情報番組「ランスマ」で金哲彦さん実際に走ってくださっています。

こちらの記事をご覧ください。

>>いだてんの金栗四三、足が速い理由は?現代人はわらじと足袋でマラソン走れるの?

いだてん金栗四三が走るときのあの呼吸法はお産のラマーズ法なの?

金栗四三はラマーズ法で走っていたのか?

「お産の呼吸法」と言われると、実際ラマーズ法だったのか気になりますね。

ラマーズ法とは呼吸法だけのことを指しているわけではないのですが、独特な呼吸法が注目されることが多いようです。

ラマーズ法とは、「ヒッヒッフー」という呼吸でお産の痛みを逃がします。

「ヒッヒッフー」全てが「吐く息」なので金栗四三の呼吸法とは異なります。

吸うことよりも吐くことに意識を集中します。

ただし、規則的な呼吸を意識するというのはランニングにおいて重要であることは間違いありません。

2回吸って2回吐くということが金栗にとってはベストの呼吸法だったようです。

ランニングに適した呼吸法というのはペースや速さ、また腹式呼吸ができるかどうかなどにも左右されます。

これは、それぞれが試してベストの呼吸法を身につけるほかありません。

いだてん原作あらすじネタバレ第二話・まとめと感想

今回の記事では、第2回のいだてんのネタバレあらすじと共に、金栗の呼吸法についてご紹介しました。

この「スースーハァハァ」という呼吸法が、鼻から呼吸しているのか、口から呼吸しているのかというのもランナーにとっては気になるところですね。

みなさんは走る時、鼻から呼吸していますか、口から呼吸していますか?

鼻が詰まっている人は口からの呼吸の方が楽でしょう。

私は口呼吸派なので、1kmを3分から4分と速く走る人は実際に鼻で息をしているのか、それで呼吸が間に合うのか改めて気になるな…という感想を持ちました。

いだてんでは、これから東京オリンピックの予選会、ストックホルムオリンピックでの本選、金栗四三とスエとの恋の行方などハラハラする展開が待っています!

今後の放映をお見逃しなく!

以上、いだてんあらすじネタバレ第二話・結末と感想でした。

第三話のいだてんあらすじネタバレはこちらです↓

>>いだてん第三話あらすじネタバレ感想結末!金栗四三の東京での暮らし、マラソンと出会う!

では、楽しいランニングライフを!