金栗四三の経歴と生涯はどんな人?オリンピックマラソンで冒した驚きのエピソードと記録とは?

「今年の大河ドラマ『いだてん』に出てくる金栗四三(かなくりしそう)ってどんな人?。」

「今年のNHK大河が持って東京オリンピックの物語らしいけど、どんな選手が出てくるの?」

2019年のNHK大河ドラマはおなじみ戦国時代や幕末ではなく、なんと「2020年東京オリンピック」を意識したテーマとなっています!

1964年に開催された東京オリンピックまでの道のりを、宮藤官九郎さんの脚本でお送りします!

「いだてん」の簡単なあらすじは…

「日本が初めて世界のオリンピックに参加した1912年のストックホルム大会から、1964年の東京オリンピックが実現するまで」

の、52年間を描く物語です。

この「いだてん」、主人公は2人います。

「日本で初めてオリンピックに参加した男、金栗四三」

と、

「日本にオリンピックを誘致した男、田畑政治」

です。

今回の記事では、オリンピックマラソンランナーとして活躍した金栗四三についてご紹介します。

初めてオリンピックに参加した男、金栗四三の経歴、生涯とは?

玉名市HPより

金栗四三が生まれたのは1891年(明治24年)の8月20日で、没したのは1983年(昭和58年)の11月13日です。

熊本県の玉名郡和水町(旧春富村)の出身で、ミュージアムも作られている模様。

オリンピックランナーとしては、後述する1912年のストックホルム大会へ参加しました。

また、1916年のベルリンオリンピックではメダルが期待されていましたが、第1次世界大戦のため出場することができませんでした。

その後の1920年アントワープオリンピック、1924年のパリオリンピックでもマラソン代表として出場しています。

なんと、4回もマラソンの日本代表選手として選ばれているのですね!

アントワープオリンピックでは16位、パリオリンピックでは残念ながら棄権をしてしまいました。

オリンピック参加以外の大きな仕事としては、1917年には駅伝の始まりとされている「東海道駅伝徒歩競走」の関東組のアンカーとして出走しています。

さらに、毎年お正月に皆さんがテレビの前で楽しんでいる東京箱根往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の開催に尽力しました。

日本に高地トレーニングを導入したり、日本のマラソン界の発展に大きく寄与しており、「マラソンの父」と言われています。

マラソンランナーだっただけではなく、師範学校の教師や熊本県の初代教育委員長を務めています。

これだけ走るためのシューズやウェアが発達していない時代でこれだけ速く走れたのですから、体力、気力が他の人よりもあるのでしょう。

金栗四三はとても長生きで、92歳で没しています。

金栗四三のストックホルム大会でのマラソン驚きのエピソードとは?

金栗四三は1911年に、翌年に開催されるスウェーデンのストックホルムでのオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場しました。

マラソン足袋を履いて出場した金栗四三は、なんと当時の世界記録を27分も縮める大記録(2時間32分45秒、ただし約40kmの記録)を叩き出します!

>>金栗四三のマラソン足袋は現在でも通用する?ハリマヤシューズはAmazonで買えるの?

短距離の三島弥彦と共に、日本人初のオリンピック選手となりました。

しかし、この初めてのオリンピックでの金栗四三はマラソンを完走することが叶いませんでした。

なんと、レース中に意識を失って倒れてしまい、近くの農家で介抱されていたのです。

金栗四三が目を覚ましたのは翌日、競技が終わってしまった朝でした。

このため、金栗四三はそのレースを諦め、うなだれたまま日本へそのまま帰国してしまいました。

しかしこのストックホルム大会でのマラソン競技は、当日の気温が40度を超えるなど大変過酷な状況でした。

参加者68人中のおよそ半分が途中で棄権してしまい、レース中に倒れて昨日亡くなった選手もいたそうです。

ここで終われば、ただのマラソンを棄権してしまった話。

なんと、1967年(昭和42年)の3月に金栗四三はスウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック55周年記念大会式典に招待されました。

「金栗四三がマラソン大会を棄権したという意志がオリンピック委員会に伝わっていなかった」

として、失踪し行方不明として扱われていたのです。

オリンピック委員会が当時の記録を見返していてこのことに気づき、金栗四三を式典でゴールさせることにしました。

このマラソンの記録はなんと54年8ヶ月6日5時間32分20秒三という記録として、オリンピック史上最も遅いギネスマラソン記録として残っています。

金栗四三はみんなが知っているあのランナーのモデル?!

金栗四三は、皆さんが知っているあのグリコのキャラメルのランナーのモデルなのです。

wikipediaより)

初代の道頓堀のグリコのマークは1935年に設置されました。

当時のランナーフィリピンのカタロン選手や、パリオリンピック選手の金栗四三、谷三三五(たにささご)らを参考にしてデザインされたものです。(しかし、数字を入れた名前って当時流行っていたのでしょうか…?)

たった1人のモデルは決まっていないということですが、この3人のランナーをモデルにして、「グリコの両手を挙げてゴールテープを切っているポーズ」が作られました。

現在のグリコのマークは六代目なのだそうで、照明に14万個のLED照明が採用されています。

まとめ

大河ドラマが東京オリンピックということで、やはり外せない競技はマラソンですよね!

今回の主人公の1人として日本マラソンの父が出てくると知り、初心者マラソンランナーとしてとても嬉しくなりました。

中村勘九郎さん演じる金栗四三は坊主頭で、当時の日本人の雰囲気がよく出ていると感じました。

1912年のストックホルムオリンピックに出る際、船旅や電車の旅で20日間以上かけて到着したと聞きます。

そんな中、食事も合わず時差もある中でオリンピックに参加しようとチャレンジ精神で挑んだ金栗四三がどんな風に大河ドラマで描かれるのかとても楽しみです。

ストックホルムオリンピックの酷暑40度は、2020年の東京オリンピックでも他人事ではないですし…どうなるんだろう?

宮藤官九郎さんの脚本で東京オリンピックまでの道のりがどのように描かれるのでしょうか?

皆さんで応援していきましょう!

created by Rinker
¥1,944 (2019/06/20 05:16:02時点 Amazon調べ-詳細)

「いだてん」の意味とは?

>>大河ドラマ「いだてん」のタイトルの意味は?なぜ東京オリンピックへの道のりを描くのか?

では、楽しいランニングライフを!