走る時、スマートフォンはどこに入れるべき?おすすめはSPIBELT

マラソン必須アイテムシリーズです。今回は、ウエストポーチですよ~。

走行距離を記録するならスマートフォンアプリが定番。

>>>女子ランナーおすすめアプリ

また、一人で走るならスマートフォンに入れた音楽やラジオ、ポッドキャストなどを聴きながら走ると飽きません。

それゆえ、ランニングのお供に、ウエストポーチにスマートフォンを入れて走る人がほとんどではないでしょうか。

今回は、私がご近所ランの際に5シーズン使っているウエストポーチをレビュー(口コミ)します。

スポンサーリンク

ウエストポーチは、トレーニング用とレース用に使い分け

ミニマリスト密かに憧れている私。

ウエストポーチも、できればいつでも使える定番のモノを一つ持ちたいな…と思っていたわけですが、どうやら用途により、いくつか使い分けたほうが良さそうです。

特に、ご近所ランとハーフ以上のレースでは、持ち物が全く違ってきます。

例えば、こんな風に…

トレーニング用ウエストポーチの中身

  • スマートフォン
  • 小銭(朝、パンを買う時など)
  • ハンカチ

練習時、といっても5km前後なので実際入っているのはスマートフォン位ですかね。

レース用ウエストポーチの中身

  • スマートフォン+充電器
  • 現金
  • アメ
  • アミノ酸
  • エネルギーチャージのジェル
  • 絆創膏
  • レースペース表

などなど、結構ウエストポーチがパンパンになるくらい入っていると思います。

中身にあわせて伸縮自在!スパイベルト

私がトレーニング用に利用しているウエストポーチは、こちら。

たかぎなおこさんの「マラソン2年生」にも登場していたSPIBELT(スパイベルト)です。

大容量のウエストポーチはかなりかさばるのですが、何も入っていなければ単なるベルトとしても使えそうなくらい細くなります。

中身に合わせ、ストレッチが効いてピッタリ収納することができます。

私はウエスト60~63cm前後なのでゆるくならないか心配でしたが…大丈夫でしたよ!

スパイベルトのいいところ、ちょっとイマイチなところは?

スパイベルトのいいところは、

・とにかくスリム

あまり入っていない時には全く邪魔になりません。

・意外とモノが入る

たとえば、こんな風にお茶の缶を入れてもOK。

ファスナーを閉めると、缶の形に収まります。

まあ、ペットボトルも入りますが…。私はペットボトルはジャボジャボ音がしたりして走りにくい印象なので持っていくことはまずありません。

スパイベルトのここがいまいち

・ちょっとお高い

1つにつき3,000円前後と、シンプルな機能の割にはちょっとお高いな…と感じます。まあ、こちらも5シーズン使えちゃっているので1回のラン当たりで割ると大変お安くなっています。

・ポケットがない

機能がシンプルですので、ポケットなど小分けに何かを入れることはできません。

・防水機能はない

いつだったか…夏、走り始めたときはそうでもなかったのに急にスコールみたいな土砂降りの雨が降ってきた時がありました。

雨が降るか怪しいなと思っていたので、スマートフォンをビニール袋に入れて走りました。

もし、ビニール袋に入れておかなければ、スマートフォン水没で修理に出さなければならなかったでしょう。

Amazonで見てみると、スパイベルトより安価で防水仕様のウエストポーチもありました。評価はまちまちですが良かったら見てください。

スマホ用のアームホルダーってどうよ?

ご近所でトレーニングしているランナーが装着しているのをよく見るアームホルダーも気になりますよね。

私も以前購入したことがありますが、下記の理由で使っていません。

  • いちいちスマートフォンケースから出してホルダーに入れる必要がある
  • 風景を撮りたいと思ってもいちいち出さなければならない

最近は防水機能もついていて、イヤホンもつけられるタイプなどかなり改良されているようです。

まとめ

ランニングを始めてみると、ランナーが使用しているアイテムがどんどん欲しくなってきますね。

ウエストポーチも、靴下やタイツなどのアイテムと同様に、アウトドアやちょっとした外出などでも有効に使えるので、1つ持っておくといいと思います!

とはいえ、5シーズン使うと流石にゴムがヘタってきてウエストにピッタリフィットしなくなってきたのでそろそろ買い換え時だと思っています。正直、コスパはいいです。

最近購入したウエストポーチはこちら。

>>>まだ揺れるウエストポーチ使ってるの?ランナー必携、フリップベルトレビュー

ベルト自体が小物入れになっているスタイル。こちらもおすすめですよ。

では、楽しいランニングライフを!