楽しみながら走る時間と距離を伸ばせる!ゆっくりランナー向けおすすめ音楽5選!

「一人でただ走ってると飽きてしまいそう!飽きないための工夫はない?」

「ランニングに効果的な音楽は、どう選べばいいの?」

ランニングに飽きてしまい、なかなか距離が伸びない時期ってありますよね。

そんな時は、走る時間内にに聴く音楽を用意してしまいましょう。

60分のプレイリストを作れば、60分は必ず走れるようになります。

私も、一人で走る時はスマートフォンとイヤホンを必ず持ち歩き、退屈にならないよう工夫しています。

退屈になりがちなジョギングも、お気に入りの音楽と一緒なら楽しくウキウキしながら走れるようになりますよ。

今回の記事では、

  • ランニング向け音楽の選び方
  • 私が実際に利用している曲と方法

についてご紹介します。

スポンサーリンク

ランニング向け音楽を選ぶコツ

ランニングは、足で一定のリズムを刻んでいるようなもの!

自分の足のテンポに合わせた曲を選びたいものですね。

ジョギングに適したテンポとしては、BPM 160くらいが最適と言われています。

BPMとは、「beats per minute」 の略称。

BPM 160というのは1分間に刻むリズムが160ということです。

大体2秒に5歩くらい進むイメージと思ってもらえるといと思います。

「BPM160 ランニング」で検索してみたところ、YouTube でこのような動画見つかりましたので貼っておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

もし、

  • この速さでは遅すぎると感じる方は、BPM180前後…1秒間に3歩程度
  • ウォーキング程度でいいという方は、BPM120前後…1秒間に2歩程度

の音楽を探してみるといいですよ。

ランニング専用CD はこう選べ!

世の中には便利なもので、ランナー向けの音楽CD が発売されています。

もし自分が好きなアーティストが特になく、BPM を調べたりするのもめんどくさいという人はぜひ、このようなランナー向け音楽を購入してみてください。

私も何枚か購入してiPhone に入れています。

ランナー向けに発売されている音楽は、

  • インストゥルメンタル
  • クラシック
  • 有名ランナーの監修

などに分かれています。

また、走る時間が60分と想定し、時間に合わせて編集されているCD もあります。

ランニング初心者は、走った距離よりも時間で区切るのがベター。

無理して速く走ったりせずに済むのでお勧めです。

インストゥルメンタルCD

MIZUNOとavexがコラボレートしたランナーのための音楽CD『走快感発信基地MUSIC』が2タイトル同時発売。ビギナーや走ることを楽しみたいランナーを想定した、ゆったりとした選曲、アレンジ。インストルメンタル仕様の曲で構成されたアルバム。 

アイのうた、亜麻色の髪の乙女、どんなときも、SPEED☆STARなど、インターバル含め23曲が収録されています。

収録時間は72分。

クラシック

■「やせるために走ってみるけど、なかなか続かない!」「モチベーションが上がらないんだけど」。そんな方に是非オススメ!単調なランニングを、まるでドラマの主人公のような気分にさせてくれるCDです。今まで気づかなかったけれど、走りながら聴いてみると意外に気持ちいい、テンポの速めなクラシックを中心とした曲が収録されています。

■ランニングは体にいい!
健康を保つには、脳、神経、内臓を正常を動かすために、体内にしっかり酸素を取り入れる必要がありますが、その指標として最大酸素摂取量=<ml/kg/分>があります。(1分間に、体重1kgあたり、最大で何mlの酸素を取り入れられるかを表したもの)
ある研究によると、1km7分ペース(ゆっくり走るペース)で、40ml/kg/分の最大酸素摂取量を維持できることがわかっています。運動によって体内の酸素の必要量が高まるため、それを取り入れる能力が鍛えられます。活動的な生活を実現するための最低ラインは、30ml/kg/分以上と考えると、これを維持するための1km7分というペースは、歩くのはちょっと大変です。つまり、ごくゆっくり走るペースとなるので、「走ると体に良い」ということになります。

■ゆっくり楽しく走るのに向いているのが、実は、テンポが速めなクラシックだった!
1kmを7分のペースでゆっくり走ろうとする時、ポップ・ロック・エレクトロ等のジャンルでは2曲にまたがる事が多く、曲の切り替わりが気になる方も多いはず。アコースティック楽器で構成されるクラシックは、曲が変わっても違和感が少なく、ナチュラルでゆったりとした気持ちをキープしながら楽しく走り続けられます!

■TVドラマ等で有名になった曲や、右脳を活性化すると言われるモーツァルトなど、ヴァラエティに富んだ収録曲!楽しく走りながら右脳もすっきりすれば、まさに一石二鳥!

■運動指導研究家 大塚聡氏(サミーコンディショニングスクール代表)の監修。

■大塚氏監修の『初心者向けホームトレーニングガイド』付き! 《ランニングQ&A》や、《26曲を楽しく走るためのイメージグラフ》も掲載。

初心者向けのトレーニングガイド付き。

全26曲、収録時間は77分。

60分のランニングを励ましてくれるCDS

2分おきに曲が変わり、10分おきに時間を知らせてくれるという優れもの。

エクササイズをサポートする、オシャレMIX!

ジョギングやエクササイズを気持ちよくサポートする、ランニング・ミュージックMIX。

全60分の時間構成の中、人それぞれのランニング時間へのニーズに対応すべく、 SE(効果音)などを用い、より細かな時間配分を知 らせてくれる便利な演出を盛り込んでいます。

エクササイズを無駄なく効率的にしたいお洒落なランナーたちにおすすめしたい一枚。 

有名ランナーのセレクト!

「Qちゃん監修のランニングCD登場!!」
高橋尚子監修、ランナーに向けたランニング時の推奨楽曲をコンパイル!!
最近巷でブームとなっている“ランニング”。
既に取り組んでいる人も、これから始めるビギナーの人にも推奨の、楽しく、快適に走るのに最適な一枚が完成!!
何と、今回は、あのシドニーオリンピックで金メダルを獲得した、高橋尚子選手が収録楽曲を実際に走りながら視聴して、選曲!
ランニングのペースを意識し、1曲目から段々とペースアップして行ける内容になっています!

《このコンピの凄いところ!》
実際にQちゃんが走りながら選曲!!
走るのに必要なのは、
「口ずさみながら走れる事!」後は、「リズムが大事!」

1.Sunshine Girl / moumoon
2. Shine We Are! / BoA
3. My measure / lecca
4. Change Myself / ICONIQ
5. One day UNITED COLOR Remix / The ROOTLESS
6. GiRLS SPiRiT / mini
7. Runner / エイジア エンジニア
8. 風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS /May J.
9. Driving[GROOVE HACKER$ Rmix] / 倖田來未
10.Everything feat.MIHIRO ~マイロ~ / JAMOSA
11.Dear My Friend / Every Little Thing
12.Infinity / GIRL NEXT DOOR
13.SMILY / 大塚愛
14.LOVE2000 / hitomi
15.冒険者たち / Do As Infinity
16.Fly high“Vincent De Moor Remix Radio Edit” / ayumi hamasaki

全16曲、収録時間は72分。

私のランナー向け音楽活用法!

わたしが持っているCDは、こちらです。

増田明美さんと女性向け雑誌FRaUとのコラボCD。

全8曲、収録時間は63分です。増田さんのエールが入っています。

こういうの、走っていると励まされていいですよ~。気分が上がります!!

プレイリストを作ってハーフマラソン完走予定タイムに合わせてランニング向けCDと、好きな曲を並べるようにしています。

slooProImg_20160626211134.jpgslooProImg_20160626211214.jpg

私の場合、ハーフマラソンは2時間十分から20分の間にゴールすることがわかっています。

それらを想定して、ゴール近くになるとゆずの「栄光の架け橋」がかかるようにプレイリストを編集しています(笑)。

slooProImg_20160626211155.jpg

スマートフォンが重いと感じる方は、iPod nanoなどを利用してみるのもいいかもしれませんね。  

まとめ

ランニング音楽も、何シーズンか聴いているのでまた新たなCDを買うのもいいなとこの記事を書いていて感じました。

あまり音楽を聴かないという方はradiko などでラジオを聴くのもお勧めです。

Podcastを聴いて、笑いながら走るときもあります。

自分なりのランニング中の楽しみが見つかると、続けるモチベーションにもなると思います。

ぜひ、色々試してみてください。

では、楽しいランニングライフを!

ランニング初心者のあなたへ

ご訪問ありがとうございます。

キレイになるランニングを始めてみたいあなたへ、初心者がまずそろえるべきアイテムをまとめました!

ごゆっくりどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする