LEMFOスマートブレスレット・活動量計を1ヶ月使い続けて分かった!口コミレビュー

「活動量計、実際使ってみてどう?」

「良い点と悪い点を知りたい!」

LEMFOスマートブレスレット・活動量計を購入して1ヶ月が経ちました。

>>>リーズナブルなのに優秀な活動量計!LEMFOアクティブトラッカーレビュー

毎日欠かさず腕につけ、職場や家で活躍してくれています。

ただ、使っていく中で、

「ここはよかったな、ここはイマイチだったな」

という点がだんだんはっきりと見えてきました。

アマゾンのレビューだけではわからないことも結構ありました。

あなたの活動量計選びの参考になりましたら幸いです。

今回の記事では、

  • LEMFOスマートブレスレットの良かった点
  • イマイチだった点

についてご紹介します。

スポンサーリンク

LEMFOスマートブレスレットの良かった点

1ヶ月以上使い続けてみて、良い点がいくつか見えてきました。

時計代わりになる!

私の活動量計選びのポイントはまず時計代わりになることでした。

仕事で時計を見ることも多いため、時間がはっきりわかるものが必要。

LEMFOスマートブレスレットは、腕を手前に回したり、物理ボタンを押すことで現在の時間が表示されます。

Bluetooth でスマートフォンと同期してるため、時刻は正確です。

ただ、すぐに知りたいときに1アクション必要なのが少し不便なのと、日付が日/月になっているのに慣れるのが少し時間がかかりました。

心拍数を正しく表示

LEMFOスマートブレスレットは光学式の心拍計が付いており、画面裏のセンサーで心拍数を測ってくれます。

安静時は大体60から70、運動をしている間はだいたい120前後、仕事で緊張している時も110台が表示されました。

これは、自分の緊張度合いや運動の時の感覚とほぼ一致します。

より運動を重ね、心拍機能が高まると心拍数が落ち着いてくるのではないかと感じています。

4,000円前後でこんなにしっかりと心拍数がわかるのは驚異的ですね!

ただ、心拍数が表示されるまで少し時間がかかります。

走ってる間に心拍数を確認するのはなかなか至難の技だと感じました。

健康への階段。1日1万歩達成すると嬉しい!

LEMFOスマートブレスレットは、万歩計もついており、目標の数値を達成するとバイブレーションと旗のマークの通知で達成を知らせてくれます。

平日は、帰宅する前後に1万歩が達成できています。

こちらはスマートフォンの設定機能でどのくらい歩きたいのか、目標設定ができますのでチェックしてみてください。

バイブの目覚まし機能が地味に便利

また、スマートフォンのアプリで起床時刻を設定していると、その時刻に合わせてバイブで起こしてくれます。

腕のバイブで起きることができるのかと少々心配でした。

しかし、どんな眠りについていてもこのバイブがあれば必ず一度目が覚めます。

今までは、自分のためだけの目覚まし時計のアラームがが家族に聞こえてかなり迷惑をかけていたではないかと思います。

家族に知られず、自分だけ早く起きたい人におすすめの機能です。

着信メール、お知らせが地味に便利

スマートフォンとのBluetooth接続がされている距離であれば、電話の着信やSMSのお知らせをバイブで知らせてくれます。

また、私は普段スマートフォンを持ち歩かないので、通知してくれる機能がついてるとかなり便利です。

自分の手元に置かない上にバイブにしているため、この機能で着信を取れるようになったので重宝しています!

また、私は実家がSMSで連絡を取ることが多く、子供の体調不良の時などはすぐにSMSを確認できて助かりました。

欲を言えば、LINE やEmailの着信もわかると良いのですが…最低限、電話の着信のみわかればいかなと割り切っています。

長時間の着座を警告!

こちらも、設定すれば規定の時間動かないでいるとバイブで

「あなた、座りすぎー!」

と警告してくれます。

会議が二時間続いたりすると2回お知らせが入ります。

長時間の会議ってかなりカラダに悪いんでしょうね…。

イマイチな点

使ってみて、このデータは信用できないわぁ…という点がありましたのでお知らせします。

睡眠時間計測は信用できない…

私がもっとも期待していた機能の一つなのですが…。

睡眠時間の計測があまり正確に行われていません。

スマートフォンの管理画面で、

「どの程度睡眠時間があるか」

「何時に眠りについたか」

「深い睡眠はどのくらいか」

などが示されます。

私はだいたい22時前に布団に入ることが多く、ほぼその前後の時間で入眠できています。

しかし、同期したデータでは、だいたい23時過ぎに就寝したということになっています。

しかも起床は大体5時前後なのに起床時刻が6時30分になっていたり、なぜか覚醒の時間に含まれていて起きていないことになっています。

どういった基準で睡眠の統計を取っているのか、全くナゾ。

就寝時間と起床時間が全く異なるため、残念ながら信用できないデータだと思っています。

ここがもう少し改善されていれば星5つだのですが…(今のところ、☆4つ)

ほか、気になったこと

その他に購入する際に気になってるであろう点をお伝えします。

生活防水でも大丈夫

この商品は完全防水ではなく生活防水であるため、シャワーやお風呂の時には外しておく必要があります。

とはいえ、1時中活動量計をつけ続けていると特に暑い時期などは汗が気になって家に着いたらすぐ外したくなるような状態になっていました。

お風呂の時などは一度外して、中をふいたりするなど清潔に保つ必要があると思います。

5日間持ち、90分でフル充電!

充電についてはだいたい約5日ほどで電池マークが減ってきてしまいます。

一度充電が間に合わず、寝ている間に電池マークが表示され作動しなくなりました。

90分ほどで充電できるので、お風呂の間や帰宅時に充電してしまうと良いと思います。

思っていたほどの手間や煩わしさは感じさせませんでした。

ほぼ24時間つけ続けていてもかぶれない!

一日中ほぼつけっぱなしのため、腕がかぶれたりしないか少々心配でした。

私の場合は特に問題なく利用続けられています。お肌のトラブルは特にありません。

まとめ

LEMFOスマートブレスレットを1ヶ月間使用したレポートをお伝えしました。

いかがでしたでしょうか。

活動量計は、現在たくさんの種類があるため、どれを選んだらよいか迷ってしまう人も多いと思います。

「どうしてもここだけは私にとって必要!」

という機能に優先順位をつけて価格と折り合いをつけて選ばれると良いと思います。

私の場合、これだけの機能が付いて4,000円ということであれば特に文句はありません。

睡眠時間は不確かだという点を除いては…。

また、スマートフォンのアプリとかなり簡単に設定、同期ができます。

健康が気になるお年頃の、お友達やパートナーへのプレゼントとしても最適だと思います。

他にもブレスレット型の活動量計など豊富な種類がありますので確認してみてください。

>>>座りすぎを警告!3,000円から。あなたの健康を約束する、活動量計比較

食事を記入してダイエットできるものもありますよ。

私の友人も、旦那さまに活動量計を誕生日プレゼントにあげていました!

女性向けのオシャレなデザインも発見!(夜、コレつけて寝るのはちょっと抵抗があるか…?)

では、楽しいランニングライフを!

ランニング初心者のあなたへ

ご訪問ありがとうございます。

キレイになるランニングを始めてみたいあなたへ、初心者がまずそろえるべきアイテムをまとめました!

ごゆっくりどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク