ランニングで、体重はいつ頃から減る?ダイエットする時に筋肉量を減らさないコツ

「毎日体重を測ってるけど、全然減らない〜」

「どのくらいで痩せてくる?」

tape-403593_640

ダイエット目的でランニングを始めると、いつ頃成果が出てくるのかがとても気になってくると思います。

かく言う私も、この夏は動かずに家にいることが多く、太ってしまいました!

というわけで、あなたと同じ悩みを抱えています。

今回の記事では、

  • ランニングで体重が減る目安は?
  • 体重だけにこだわらない方法

についてご紹介します。

スポンサーリンク

ランニングで体重が減る目安は?

ランニングを始めたらすぐに成果が気になって、毎日体重計に乗ってしまいますよね。

しかし、残念ながら一ヶ月は減らないと心得てください。

もし、1ヶ月かけてひたすらストイックに取り組んで減量したとしても、筋肉が減ってしまい脂肪には変化がありません。

1ヶ月な中の短期間のスパンで痩せたとしても、多くの場合筋肉が減るだけで、脂肪の量はあまり変わらずむしろリバウンドの可能性も高いです。

なぜなら、人間は飢餓状態と感じた場合エネルギーの高い脂肪を溜め込み、それほどエネルギー量がない筋肉をなるべく消費減らそうと考えるからです。

生き物にはホメオスタシスという恒常性の機能が備わっており、体は一番長く保ってきた状態を適正と考えて体温や血圧など体が覚えてる数値を保とうとするのです。

理想は、1ヶ月で1キロ程度徐々に落とし、その体重を2年以上キープすること。

急激に落とそうとすればまた手ごわいリバウンドが待っていますし、また体は飢餓状態になり脂肪を溜め込みやすくなるので本当に注意が必要です。

あなたは隠れ肥満になっていませんか?

体重だけにこだらない方法

運動することで筋肉量が増え、体重が変わらなくても見た目はかなり変わってきます。

ここでランニングによってどんな効果があるのか?簡単にご紹介します。

見た目が変わる!ウエストが細くなる!便秘が治る!

体の筋肉量が増えてくるのでまずは見た目が変わってきます。

すっきりと引き締まった体型になり腰のくびれができてきます。

また、足のハムストリングスやお尻の筋肉を使うのでヒップアップも期待できます。

適度に体を動かすことで腸の動きも活発になり便秘も解消されます。

腸の状態が良くなれば、お肌の状態も改善されますよ。

筋肉の状態を見える化しよう!

とはいえ、1ヶ月で5kgやせたい!という人もいますよね〜。

どこかの、

「結果にコミットする」

ではありませんが、それほど体重を落としてしまうとリバウンドの危険性が高まります!

医学的にみると1ヶ月に5キロ以上の体重の減量があると、元の体重に戻る確率が80%から90%になるという事実があります。

ここで運動によって体内の筋肉の状態が変わるか測定する良い方法があります。

それが、タニタのインナースキャンデュアルという体組成計です。

女性は筋肉量がなかなか増えません。

体組成計の筋肉量だけを測ってしまうとモチベーションが落ちてしまいます。

こちらのタニタの体組成計では、運動によって変化した筋肉の状態がわかるという素晴らしいシステムが付いています。

よく、ジムなどで無料で計測できる「インボディ」という体組成計もあるのですが、インボディは男性のマッチョな筋肉を測るのに適しているようです。

なかなかスコアが上がらないという方もタニタの体組成計でモチベーションを高めてはいかがでしょうか?

やはり数字で見えてくると頑張ろうという気持ちも続くと思いますよ。

私も先日アマゾンで購入したので届くのが楽しみです。

書いている間に届きました~!

近いうちレビューしますね♪

まとめ

やせたい!と思うそこのあなた!

ムリせず、時間をかけていきましょう!

すぐに体重が落ちなくても気がつけばスカートのウエストのサイズが減っていたということもあるかもしれませんよ。

理想は、2.3キロ落ちてそのまま!

それが難しいんですけどね…。お互い、頑張りましょう♪

では、楽しいランニングライフを!

ランニング初心者のあなたへ

ご訪問ありがとうございます。

キレイになるランニングを始めてみたいあなたへ、初心者がまずそろえるべきアイテムをまとめました!

ごゆっくりどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク