マラソンのマメは5本指ソックスが原因?そんなあなたにおすすめ、C3fitソックス

「ランニングには、5本指ソックスじゃないとダメ?」

「5本指ソックスが合わない人のためのラン用ソックスはあるの?」

結構奥が深い、ラン用ソックス問題。

私もタビオの5本指ソックスを5シーズン使ってきましたが…

>>>5シーズン持ったTabioの5本指ソックスは、ランシューズとセットで買うべきアイテム

実は、長距離を走るときは自分に合わないことが分かってしまいました!

というのも、私は全体的に手足のパーツが小さいのです。

そのため、5本指ソックスのうち中指と薬指の生地が余ってしまいます。

もしかして、あなたも5本指ソックスが足の不調を引き起こしているかもしれませんよ。

今回の記事では、

  • 5本指ソックスが合わない場合
  • 新しいソックスにチャレンジ!
  • ソックスを選ぶときのコツ

についてご紹介します。

スポンサーリンク

5本指ソックスが合わない場合

今まで、まさか5本指ソックスのせいだとは思ってなかった問題がありまして…

実は、ハーフマラソン以上の距離を走ると、右足の中指と薬指の爪が血豆で黒くなってしまうのです!

もちろん、走っている時に痛みも感じます。

爪の色がピンク色に回復するまで、1ヶ月以上かかります。

まあ、長い距離を走ってるんだし、こんなこともあるよねと思っておりました。

まさか、あの柔らかいソックスの、余った縫い目が当たることがあるなんて…!

確かに、何万回も脚を着地させるのでその際に当たってしまい、マメになることはあり得るんですけど…。

まさか、信頼していた5本指ソックスのせいだとは思いませんでした。

新しいソックスにチャレンジ!

今回、体組成計を測るために訪れた池袋西武にて、新しいソックスを選ぶことにしました。

>>>40歳過ぎたら定期的に体組成計測を!池袋西武でインボディ計測とカウンセリング

店員さんがとても親切に相談に乗ってくださいましたよ!

私の悩みに合わせて、いくつかソックスを持ってきてくださいました。

走るときに重要なのは親指ということで、親指が独立した足袋型のソックスもお試ししてみまして。

しかし、人差し指から小指までのカーブがイマイチあわず、余ってしまいます。

この余りがまた、長距離走った時にぶつかってマメになる可能性があるんですよ…。

タビオは足の裏に滑り止めもついていて靴の中で動きにくいのも良い点なので悩みました。

そこで今回おすすめされたのが、C3fit(シースリーフィット)のソックス。

一足1,400円。Amazonなら、サイズによりますがSなら少し割引がきいていました。

S:足長-22-24 、M:足長-24-26、 L:足長-26-28の3サイズから選べます。

足の3つのアーチをサポートするカタチで、テーピングを巻いたような構造になっています。

おかげで、タビオのように滑り止めがなくても靴の中で靴下がズレることはないとのこと。

おすすめしてくださった店員さんも、同じ靴下を履いていました。

履いてみると…確かに、かなり足裏と甲周りが締め付けられていい感じです!!

ランニング用ソックスを選ぶときのコツ

・指から先がが余らないこと!

とはいえ、ハーフまでなら問題なく走れるのも事実。

・試すつもりで1足買う。

その時に試着してみていい感じだったとしても、実際に履いて走ってみないとわかりません。

不具合が出てしまうことも十分にありえます!

「いい機会だから2足買っちゃおう」

「いえいえ、まだ走ってからでも大丈夫。待ちましょう。」

と、店員さんに言われちゃいました。

2足買う気マンマンだったけど…いい店員さんだ!

まとめ

実際に家で履いてみた様子を撮影しました!

がっつり足裏にアーチが入っているでしょ?

これから、履いて走ってみるのが楽しみです!!

アンクル丈なので、シューズからチラッと見えるのもお気に入り。

ランニング用ソックス一つとっても、奥が深いですね…。

あなたの足の不調は、もしかしてシューズではなくソックスのせいもあるかもしれませんよ。

C3fitは、5本指ソックスやショートソックス丈も取り揃えています。

これ一つと決めず、いろいろと試してみるのが良いと思います!!

これから何回か走ってみて、どんな感じだったかまた追記しますね〜!

では、楽しいランニングライフを!

ランニング初心者のあなたへ

ご訪問ありがとうございます。

キレイになるランニングを始めてみたいあなたへ、初心者がまずそろえるべきアイテムをまとめました!

ごゆっくりどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする