ランナー不可避のトラブル!ランニングで足のマメができる原因と対処法

baby-1178539_640

「短い距離なら大丈夫なのに、LSDやったら足にマメができた!」

「足にできたマメの対処法は?」

足のマメ!ランナーによくあるトラブルですね。

私も、10キロのマラソンレースに出始めた頃から、足の裏にマメができ、さらに足の爪が血豆になってしまって困ったことがあります。

ランニングエッセイなどでも、

「長距離を走った時は爪が死んだ」

などの描写があるので、

「まあ、長い距離を走ったときは仕方ないのかな?」

なんて思っていましたが、予防する方法はいくつかありそうです。

今回は、

  • ランナーにマメができる原因
  • 足のマメ対策

をご紹介しますね!

スポンサーリンク

走り始めてできてしまう、マメの原因は?

まず、走り始める前は、足の皮膚がかなり柔らかいということがあげられます。

女性は特に柔らかいので、マメに悩まされる人も多そうです。

また、マメができてしまう原因と順序は以下のとおりです。

  1. シューズやソックスと皮膚との間に摩擦が起きる
  2. 摩擦によって、低温やけどになる
  3. さらに熱くなるのを防ぐために、皮膚の内側に水ぶくれができてしまう

また、ランニングでは着地するごとに足のアーチが潰れて足の先が前にずれます。

ずれ込んだ時に足の爪先に余裕がないと、毎回足の先と靴が摩擦でこすれてマメができてしまうのです。

マメの対策は?!

ランニングでできてしまうマメは、シューズやソックスが合わないことが原因であることが多いです。

自分にあったものを選ぶようにしましょう。

足の裏のマメは、インソールで対応できる時もあります。

わたしの場合、足の土踏まずとの境界線にできてしまっていました。

インソールを変えるほどではないと感じ、レースごとに気になる部位にテーピングを貼っています。

マメができてしまった場合は、中の液体を無理やり出そうとせずにそのまま絆創膏を貼り、液体が吸収されるまで待つようにしてください。

ランニング用ソックスの利点は?

ランニングソックスの利点は、足との摩擦が少ないように工夫されているところです。

ランニングでは、距離が長くなれば何万回と足を着地させることになります。

その時に摩擦が起きてしまうと、先ほどお伝えしたように低温やけどでマメができてしまいます。

マメができにくい、ランナーにおすすめなのは五本指ソックス。

さらに摩擦が気になる場合は、綿100%ソックスではなく、速乾性のある繊維でできたソックスを選ぶようにしましょう。

速乾性があれば、シューズの中が蒸れて足とシューズが擦れるのを防いでくれます。

5本指ソックスでおなじみ、タビオシリーズがおすすめです。

>>>ランシューズとセットで買いたい。5シーズン持ったタビオの5本指ソックス!

まとめ

ランニングのレースでは、どうしてもできてしまう足のマメ。

一度長い距離を走ってみて、

  • マメができてしまった部分には、予防のためにテーピングを貼る
  • シューズを替えたり、インソールやソックスで工夫できないか試してみる

などの方法で、楽しくランニングを続けられるよう頑張りましょう♪

私もまだマメ無しでレースを完走するのが難しいんですよね~。

普段はそこまで速くは走らないので、マメとは無縁なんですけど…。

では、楽しいランニングライフを!

ランニング初心者のあなたへ

ご訪問ありがとうございます。

キレイになるランニングを始めてみたいあなたへ、初心者がまずそろえるべきアイテムをまとめました!

ごゆっくりどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする